当てたい人必見!知って得する宝くじ情報

宝くじの種類

宝くじ デパートの宝くじ売り場に行くと色々な種類の宝くじが売っています。
昔は宝くじというと、1枚300円の大金が当選する宝くじばかりでした。
1等は現在ですと5億円と、驚くような額が当選します。

この普通宝くじと呼ばれるものは、あらかじめ番号がナンバリングされていて、これを連番で買うかバラで買うかの違いしか選ぶことは出来ません。
また、年に数回販売されるジャンボ宝くじなどは、販売期限までに売り切れになることも多いですので、発売されたら早目に購入することをお勧めします。

 

自分で1から数字を選んで勝ちを掴みたいと思うのなら、数字選択式と呼ばれるロトやナンバーズです。
ロトは1〜37までの数字から好きなものを選択します。
ナンバーズのほうは0〜9までの数字の組み合わせ、並びを自分で決めるものです。

宝くじをもって喜ぶ女性
この選択した数字をマークシートで塗りつぶして、自分だけの抽選券を作るものが数字選択式の宝くじです。

数字の数が増えれば増える程、当選確率は低くなりますから、当選した時に貰える金額も大きくなってきます。
ナンバーズなら3か4ケタの数字を選択するだけですから、家族の誕生日など身近な数字で毎週購入するという人も多いはずです。

高額当選を狙いたいのならロト7ですが、ナンバーズ3と比べたら1等の確立はぐっと下がりますね。

また、すぐに当たりかはずれか知りたいなんて時には、スクラッチがあります。
購入した売り場でスクラッチを削れば、絵柄や数字がいくつ揃ったかで当たりかはずれかが分かりますし、スクラッチということで誰でも分かりやすく楽しめるくじになっています。
1枚から購入出来るので、少ないお小遣いでも楽しむことが出来ます。宝くじもクセになってしまう人もいるらしく、年間を通して様々な種類の宝くじを購入するため生活費が足りなくなってしまう・・・ということもあるらしいです。生活費が足りなくなるくらいなら宝くじも諦めればいいのに、と思いますが、本人にとっては病気みたいなもので簡単に止められるものでもないみたいですね。生活費が足りなくなったらwww.RobertMarkDance.comにお金を借りる方法が紹介されているので参考にしてください。

ロトで一攫千金を狙うもいいのですが、目先のお金を作りたいという人に簡単にお金を工面できる方法を紹介します。その方法とは買取サービスを利用して、部屋の中で不要になっているものを売ることです。断捨離もできてお金も作れる。一石二鳥ですね。マンガ本をたくさん持っている方には漫画買取比較のコミックトレードがオススメです。